本文へスキップ

  JR線港南台駅から8分 港南台キリスト教会です。

電話でのお問い合わせはTEL.045-835-0994

〒234-0054 横浜市港南区港南台 6-3-4

教会紹介Who we are


現代社会と宗教

教会の十字架

 人間はいつの時代にも自らの存在意義一何のために生きているのかーを追求してきました。

社会がいかに技術革新を遂げ、高度に情報化し、またグローバル化し、変化しても、それは人類の実存に関する永遠のテーマであり続けるでしょう。

なぜなら、人はパンのみで生きる者ではないからです。
パンの問題を解決したかにみえる今日、果たして心の悩みは解決したでしょうか。
病気や争いごと、心の空虚さや欲求不満、将来や死に対する不安、人には言えない良心の呵責、過度に都市化された中での孤独や疎外感、生き甲斐の喪失、等々、人間存在の究極的意味が問われています。

一時的な快楽で憂さを晴らしたり、占いでみてもらって不安を静めたりして、本当の心の叫びに耳をふさいで生きている人がなんと多いことでしょう。
 従来の価値観や社会システムが崩れていく中、私たち日本人は今、本当のもの、真実なものは何なのかを考え始めています。

 パンという即物的なものではなく、真に人を生かす魂の糧を与えることができる本物の宗教が求められている時代、それが現代といえるでしょう。
人は誰であっても幸せであってほしいものです。

        あなたも教会にいらっしゃいませんか!  

    

聖書をお読みになったことがありますか?

教会の十字架

 聖書! そうです。

 聖書は隠れたベストセラーとして世界中の人々に親しまれている書物です。
  では、なぜ聖書はこのように多くの人々によって愛読されているのでしょうか。
古今東西を問わず、人々は聖書によって本当の光と希望と愛を見出し、人生を確かなものとして歩心ことができるようにされてきました。
 聖書は人類に対する神の愛のメッセージなのです。

 あなたもぜひ聖書をお読みください。
そして、聖書の話を聞<ために教会にいらしてください。
今まで関係なかった聖書が、実はあなたを導き、あなたを救い、あなたを生かす神の言葉であることがお分かりいただけることでしょう。

「わたしは道であり、真理であり、命である。」
(ヨハネによる福音書14:6)

ようこそ 港南台キリスト教会へ

教会員一同

わたしたちの教会は、伝統的な聖書信仰に立つ、プロテスタント(メソジスト系)の福音的独立教会です。
毎週聖書に基づいた説教がなされます。
教会はどなたでもおいでになれます。
共に聖書のことばに耳をかたむけませんか?

聖書や賛美歌も用意されています。
また、日曜日以外にも聖書を学ぶ会や祈祷会などおこなっております。      

疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。
休ませてあげよう。
わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。
そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。
わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」
マタイによる福音書 11:28〜30
 

宗教法人
港南台キリスト教会


〒234-0054
横浜市港南区港南台 6-3-4
TEL & Fax 045-835-0994














 「魚」は最古のキリスト教のシンボルの一つです。
 それは、「イエス、キリスト、神の、子、救い主」の 五単語のギリシャ語の頭文字をつなげると、イクソス=魚を意味することから、魚がキリストを象徴 するものとなりました。つまり、「イエス・キリストは神の子、救い主です」ということです。